(出典 img.news.goo.ne.jp)



1 征夷大将軍 ★ :2024/05/20(月) 21:09:22.93 ID:dH6LUuE29
サンスポ2024/05/20 21:00
https://www.sanspo.com/article/20240520-ULVVCWPJYBL75ENVEE2T2LUKRU/

人気お笑いコンビ、ロッチの中岡創一(46)が13年交際した一般女性と結婚したことを20日、発表した。このほど婚姻届を提出し、中岡の故郷、奈良・樫原神宮で挙式した。

マスコミ各社に宛てた文面で、中岡は新妻を「お酒とサウナが好きなキレイ好きの日本女性です」と紹介。バラエティー番組で「結婚できれば」と言い続けていただけに、ファンに向けて「皆様からのたくさんの応援のおかげでここまでこれました」と感謝した。

6月7、8日に東京・丸ビルホールで開催する単独ライブの稽古中に中岡から報告を受けた相方、コカドケンタロウ(45)も「『40代半ばで2人とも独身コンビって大丈夫ですか?』という声もありましたが、ようやくロッチ初の既婚者が誕生しました!」と大喜び。「これからはコカドと奥様2人で力を合わせて中岡君を支えていきたい」と約束した。

出会いは運命的だった。芸人仲間のいとうあさこ(53)、元ザブングルの松尾陽介さん(47)と食事したレストランに松尾さんが携帯を忘れたため、中岡が探しに戻ったという。そのとき一緒に探してくれたのが偶然客として店にいた彼女だった。

2年前に出演したバラエティーで中岡は彼女のことを「(年齢は)6つぐらい下」と明かし、「呼び捨てで呼んだことも、直接好きと言ったことも、手をつないだこともない。恥ずかしいねん」と純情ぶりを告白していた。

コロナ禍では「初めてずっと一緒にいたら、お互いしんどくなって別れかけた」と破局危機もあった。家の鍵をかけ忘れたり、パンツをたたまないズボラな性格から愛想をつかされそうになったという。それでも中岡の誰もを癒やす優しい性格は、彼女の母性本能をくすぐり続け見放さなかったようだ。

今月初旬にサンケイスポーツが取材した際、中岡は「5年前から結婚すると(彼女には)言っているんですが…」と煮え切らない回答をしていたが、ようやく重い腰を上げて結婚に踏み切った。

中岡は20代の頃、当時付き合っていた彼女との結婚を考えて芸人を辞め社会人として働いていたことがあった。しかし、プロポーズを失敗し、2005年にコカドとロッチを結成して芸人復帰した経緯があっただけに、〝19年越し〟に結婚をつかんだ形だ。所属事務所によると、同居生活はこれからという。

中岡は20日午後10時からロッチの公式YouTubeチャンネル「ロッチナイト」で結婚したことをファンに生配信で報告する。